title

切手カタログと切手買取とは何か

切手にどの程度の価値がつけられているのかを知るためにおすすめなものとしては、切手カタログがあります。切手カタログについては、毎年一度世に出されるものであり、今までの切手の数多くがアップされていて、切手一枚一枚には評価額というものが書かれています。ですが、この評価額についてはその切手にどの程度の価値があるのかを示しているものであり、切手買取を頼む場合の金額とは違います。ただ、切手買取を事業として行うショップが切手のカタログに書かれている評価額に目を通し、買取額を決定しているというのも一理あります。通常として、切手買取においてはレア度が高い切手であったり作り出された枚数がわずかな切手の買取査定は高額になりますが、今現在作り出されている切手の大半が、買取を頼んだ際金額が切手に記されている額よりも下がることがほとんどです。ですので、買取を頼むよりも郵便切手として使用していった方が満足いくかもしれません。しかし、条件によっては切手に記されている額とほとんど変化のない額で買取できることもあるので、そのことをひとつ覚えておきましょう。